« November 2006 | Main

熱狂のクロージング/Street Fighting Man

Dcshow_2
続けて「ディック・キャベット・ショー」からのソースです。最後スティーヴィー・ワンダーが映っているのは何かのニュース映像でしょうか。ソースは「コックサッカー・ブルース」と同じかな? 
繰り返してきましたが、72年のストーンズは僕にとってスペシャルです!

Happy birthday Keith!

「SFM72.m4v」をダウンロード

| | Comments (363) | TrackBack (5)

白熱のオープニング/Brown Sugar

先週木曜日の夕方、自転車での帰宅中、踏切を通る際に雨で濡れたのレールでスリップ。自らでんぐり返しをしてしまうくらいの大転倒。左腕の痛みをこらえつつ、なんとかハンドルを握り帰宅したものの、時間を追うごとに痛みが。で、翌日病院に行ったら骨折の診断。ギブス一ヶ月、全治5、6週間だそうで、しばらくは不便な生活を強いられてしまいます。タイピングもほぼ右だけで打ってます。

Bsdcそんなわけでしばらく記事はアップできないと思いますので、今年の見納めでストーンズの黄金期72年のライヴ映像をアップします。最近はyoutubeに大概のビデオは上がってたりしますが、これはまだみたいです。「ディック・キャベット・ショー」からのソースです。

「BrownSugar.m4v」をダウンロード

| | Comments (241) | TrackBack (4)

おらが故郷のヒーロー U2

僕の中でU2の憂いソングトップ3というのがあって「Bad」「40」そして「Running to Stand Still」という曲。どれも有名なヒット曲というわけではありませんが、ライヴの定番曲で、今回の来日公演でこれらの曲を聴くのを大変楽しみにしていたのですが、今夜観に行ったライヴでは残念ながらどれも演奏してくれませんでした。憂いの曲ですからどの曲も哀しげな雰囲気なのですが、なかでも「Running to Stand Still」は歌詞が素晴らしくて・・・

といってもそれほど英語がわかるわけでもないのですが、
「Running to Stand Still」とタイトルから逆説的な言い回しをしていて、途中の

You gotta cry without weeping,
talk without speaking
Scream without raising your voice

なんていう箇所もなんだか上手く言えませんが、好きな言い回しなんです。
きちんと英語を説明できないのがとてももどかしいのですが、とにかく歌詞とサウンドがマッチしていてしんみりくるんですね、僕の中に。

BonoBONOは「この曲はドラッグ問題について書いた曲だ」ということを言っていたし、過去のライヴでもこの曲でいかにもドラッグの注射を打つようなポーズをしていたこともあり、そんな事実を知りあらためて聴くと、なんとなくですが、ボノの訴えたいことがわかるような気がするんです。感覚的にですけどね。

なんだか、今日はいつにも増してまとまらないひどい文章ですね。
とにかく、そんなわけで僕はこの曲が好きなんでアップします。アメリカなんかではそれほどでもないのですが、本国アイルランドではこの曲、大合唱なんですよね。"I see seven towers, but I only see one way out"という箇所のセヴンタワーズとはダブリンにあるボノの育った近所の公団住宅のことらしいので、ダブリンの人にはそんな背景もよくわかって、人気曲なのかも。89年12月30日のダブリンのライヴです。ロッド・スチュワートやポーグスも歌っていたイワン・マッコールの「Dirty Old Town」というフォークソングに繋げているのもお気に入り。

「03_running_to_stand_still_includes_dirty_old_town.mp3」をダウンロード

| | Comments (173) | TrackBack (4)

« November 2006 | Main