« April 2005 | Main | June 2005 »

中島みゆきの不思議 2

《道にたおれて誰かの名を呼び続けたことがありますか〜♪》
僕の中島みゆき初体験曲、「わかれうた」の冒頭の詩です。
今になって冷静に考えたら、
【こんな人、そうそう、いないよな。つくった本人だってそんな経験したことあんのかな?】
中島みゆきを巡る謎は深まるばかりだ。
しかし、当時恋愛も知らなかった小学生に《わか〜れはいつもついてくる〜♪》
なんて歌わせてしまってたんだから、すごいものだ。

それから6年、少しだけ恋愛感情もわかるようになった、高校卒業を迎える頃、
柏原芳恵の「春なのに」が流行った。歌はうまくなかったが良い曲だった。

さらに20年、もう恋愛なんていう感覚はフェイドアウトしつつある今日この頃、
「春なのに」の作曲者が中島みゆきだということを知り、聴いてみた。
彼女のヴァージョンは表現力が違いすぎた。
しかも、この曲は男でも簡単に感情移入できる。経験があるなしに関わらず、
《記念にくださいボタンをひとつ、青い空にす〜てます♪》なんて言われるセンチな高校生になれるわけだ(笑)
【しかし高校卒業してだいぶ経っていただろうに、こんな曲が書けたのか・・・】
中島みゆきを巡る不思議はつきない。

ライヴも一度見てみたいと思う。ローリング・ストーンズじゃ、そうもいかないが、
70を迎えたお袋を連れてってあげられそうな唯一のコンサートかもしれない(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

中島みゆきの不思議

最近中島みゆきをよく聴いています。これまで知っていたのは有名な曲だけ。オールナイトニッポンを聞いていたわけでもないし、中島みゆき体験と言えば11才の頃によく意味もわからずラジオから流れてくる「わかれうた」聞いていたことくらい。洋楽ばかりの僕の趣味を知っている女性の友人は「どうしたの? しかも男が中島みゆきって大丈夫?」とか冗談交じりに言われたりします。たしかに男性にとって中島みゆきの曲がすっと感情移入できて共感できるような詩ではないかも。しかし男性を惹きつける何かも持っているのでしょう。まだコンサートに行ったことはありませんが、きっと客席の顔ぶれは女性ばかりではないハズ。中島みゆきファンが持っている様々な心の内を知りたいなーと思っても、残念ながら僕のまわりにはあんまりファンがいないんです。どんな人たちが何をきっかけに中島みゆきを聴くようになったのか、とても知りたい。ファンの方是非教えて下さい!

| | Comments (7) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »